インドと言えば、カレーや仏教、肌が黒く、おでこに黒い点といったイメージが根強いですね。

インドには日本人の私たちから見ると、あまりタイプの女性はいなさそうな雰囲気ですが、実は結構、美人な女性もいます。

今回は、インド人女性とネットで出会う方法と、インドやインド人女性の特徴、魅力についてお伝えします。

インドでは白色の肌のほうがモテる

小麦色とも言われるような、褐色肌の方が多いですね。

またインドでは、肌の色で扱いが変わります。
白い方がモテて、階級的にも上位なんていうふうに言われることがあります。

大きな目が美人とされる

大きく印象的な目が、インド美人の条件だと現地でも言われているようです。

あまり肌を露出しないインドでは、妖艶な瞳が大切なポイントとなるのですね。

↑インド人女性であるアイシュワリヤー・ラーイは、ミス・ワールドという世界の美女を決めるランキングで、1994年に優勝しています。

当時、37歳でこの美貌です。
その4年後にはインドの人気俳優と結婚したようです。

ヨガ

インドと言えば、やはりヨガでしょう。
インド人女性はヨガをやっていることが多く、身体が柔らかくてスタイルも良く、ヨガの効果もあって落ち着いていて魅力的です。

もしインドに行って女性をナンパしたいのなら、ヨガ教室へ行くことをオススメします。

カースト制度の風潮がまだ残っている

カースト制度をご存知でしょうか?
インドではかつて、カースト制度と言われる階級制度による差別が激しかったのですが、今では色々と緩和されて、昔ほどの差別はなくなりました。

しかし、そんな今でも完全になくなったわけではありません。

また、恋愛や結婚に関しては特に自由があまり利きません。

親が決めた人を選ばないといけなかったり、同じカースト(階級)の人でないと結婚できないなんていう思想の持主も少なくありません。

また、娘の親が娘の旦那となる相手に持参金を払う制度で有名なダウリーの問題も深刻なので、慎重に相手を選ばなくてはならないのです。

その結果、結婚はたいてい、お見合いで決まります。

インドでは女性が粗末にされていることが多い

インドでは日本と比べると、女性に対する虐待やレイプが桁違いに多いです。

顔に硫酸をかけられるなんてこともありますね。

なぜ、インドではこんなに女性が軽率に扱われるかというと、やはりカースト制度が原因ですね。

また、インドの警察や政府も適当で、カースト制度の最下位に位置する女性たちには人間として扱わない人もまだまだいます。

インドではまだまだ男尊女卑の思想が根強く残っているのです。

計算に強い!?

↑で述べたカースト制度の影響で、子は親のしていた仕事を強制的に受け継がなくてはなりません。
しかし、インド人女性はヒンドゥー教の教えである輪廻転生を信じて、我慢して働き、男の言うこときいて生きていくこともしばしば。

ただ、中には現世で頑張ってみたいという女性も多く、IT企業で働いたり、日本に出稼ぎにくる方も少なくありません。
「インド人は数学に強い」というのを聞いたことは無いでしょうか?

一般のインド人は全くと言って良いほど計算ができないということが良くありますが、IT企業で働きたいなどの志を持っていたり、数学の教育を受けてきたインド人は、計算がめちゃくちゃ得意なのです。

辛い物に慣れている

インド人は毎日のようにカレーを食べているだけあって、辛いものに慣れています。

↑こんな感じですね。

牛肉や豚肉を食べない人が多い

食べ物を食べるときは右手で、左手はトイレなどで使うということは有名ですね。

インドでは、禁止されている食べ物もあります。

インド人の8割がヒンドゥー教で、2割がイスラム教です。
ヒンドゥー教の教えでは、牛は神聖な生き物なので、牛肉を食べるということがありません。

また、イスラム教は豚肉は不浄とされているので、食べてはいけないとされています。
酒も飲んではいけないらしいです。イスラム教徒の多いイランでもそうですね。

イラン(ペルシャ)の美人女性とネットで簡単に出会う方法

ちなみに、インドではジャイナ教という禁欲主義の方もいます。
この方々は肉は一切食べず、野菜ばかり食べています。

ヒンドゥー教の詳細↓

ヒンドゥー教徒と国際結婚するなら覚えておくべきこと

ダウリー(持参金制度)により、外人と結婚させたい親が多い

インドには、ダウリーという持参金制度があります。

ダウリーは、結婚する際に、嫁の親が旦那となる相手にお金を払わなくてはいけない制度のことなのですが、その額が大金過ぎて、娘の親が自殺したり、持参金目的だけで結婚したり、相手を殺人してお金だけ持って逃げるという問題もあるようです。

このダウリーを嫌がる方は、自分の娘を外人との結婚を望みます。

何故なら、外人は持参金を要求することがないうえに、年収が高いからです。

つまり、日本人男性は大チャンスだということになりますね。

インドの習慣では親が娘の相手を決めなくてはいけませんが、日本人男性はインド人男性と比べると圧倒的に年収が上ですし、カースト制度を守る必要がないので、相手の親も喜んで結婚して欲しがることのほうが多いでしょう。

でも、「わざわざインドにまで行って女性を探すのは面倒」「インドに行ったら財布をすられそうで怖い」

こういった方は、マッチドットコムという出会い系サイトをオススメします。
マッチドットコムは、世界中とつながっています。

無料で始めることが出来るので、ぜひどうぞ。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?