中国人は民度が低い マナーが悪いとよく言われてますよね。

テレビ番組でもよく、中国人のマナーの悪さがピックアップされています。

今回は、中国人のマナーの悪さやその原因などをお伝えします。

買う前に食べるのは当たり前

中国人は、店のものを買う前に、試食します。

これは中国人がよく言うことなのですが、「買うまえに食べないと美味しいかどうか分からない」というのが理由ですね。

それが原因で、「日本の店員が悪い」なんていう意見もあります。

信号を守らない

基本的に、信号を守りません。

これには、中国の警備員も「武装警備員が来てくれないと、俺たちじゃどうもならない。」と嘆いていますね。

どこでもおしっこをする

これは子供の話ですが、中国では親が子供にそこらへんでおしっこをさせるのは日常茶飯事です。

ディズニーランドであろうとなんであろうと、ペットボトルにおしっこをさせる光景を見ることもあるでしょう。

中国人と間違われて異国で差別されたGACKT

芸能人のGACKTが「パリのホテルで差別された」と自分のブログに公開していました。

GACKTが、ビュッフェの入口前の席に座ると、「奥の席に座れ」と店員から指示が。

しかし、白人の場合は入口前に座っても何か言われている気配は一切なし。
さらに、他のアジア人も同じく奥の席に座るように誘導されていたみたいです。

「露骨な差別だ」と思ったGACKTはもう一度、入り口前の席に座ったところ、やっぱり「奥の席に座れ」と店員から誘導のお願いが・・・。

さすがに腹を立てたGACKTは、「分かりやすく理由を説明してくれ」と店員に言うと、何も言わず立ち去ったそうです。

その後、周りを見渡すと、マナーの悪い中国人がいたそうです。

つまり、肌の色からGACKTは、マナーの悪い中国人旅行者と間違われた可能性がありますね。

欧米の人からすれば、中国人も日本人も、同じようなイメージなのかもしれません。

中国人のマナーは変わりつつある

最近では急速な経済発展や、SNS拡大の影響で、中国人のマナーの悪さが変わりつつあります。

SNSの拡大

今、中国では、中国版の食べログともいえる、毎月約2億人が利用する中国のグルメ口コミサイトが流行っています。

店の態度が悪いと、食べに来た人が「あのサービスはなんだ!」「二度といくもんか!」などと書き込みます。

なので、店側も下手な真似は出来ないようになってきているのです。

中国は1949年に共産主義国家として建国しています。
共産主義なので、頑張って働いても、さぼっていても給料は一緒。

これだと、労働者も頑張る意味も感じませんよね。

↓は、仕事中にトランプで遊んでいる店員の画像です。

ただ、こういう飲食店はさきほどもお伝えしたように、経済発展やSNS拡大の影響で淘汰されていくことでしょう。

旅先でのマナー改善を訴えだしている

最近では中国があまりにも他国からバッシングを受けているため、

・他国ではポイ捨てをしてはいけない
・自然を破壊してはいけない

などのマナー改善の規則ができました。

若者が気づき始めている

最近の中国の若い方は、経済発展の恩恵を受けたことにより世界に飛び出し、いかに中国が遅れているか?気づき始めています。

その象徴も言える出来事が、2014年のワールドカップですね。

スタンドのゴミを片付ける日本人のサポーターを見て感銘された中国人も少なくありません。

言葉だけでなく、実際に行動にする中国人もいます、素晴らしいですねぇ。

また、ビジネスにおいてもマナーができているほうが有利だということを理解し始めているので、日本のおもてなし文化を学ぶ中国人は増えて生きているみたいですね。

中国では日本式マナー研修なんてのもあります。

ホテルの従業員にお辞儀を教えたり、飲食店の店員にはスマイルを練習させます。

特に深いお辞儀は、封建時代を象徴することを意味するとし、中国政府が排除してきた習慣なので、中国にはお辞儀をしない人は大勢いるのです。

日本の接客サービスが、生き残る武器だと認識されてきているようです。

この感じだと、中国にも礼儀正しい人間が増えて、マナーの良い人ばかりになりそうですねぇ。

日本もかつてはマナーが悪かった

日本も30年以上前は、中国人のようにマナーが悪かったことをご存知でしょうか?

かつては電車の席でもお年寄りに譲るなんていう習慣は一切ありませんでした。
椅子や床に食べ物や飲み物を捨て、酷い場合は窓からゴミを捨てるなんていうこともあったようです。

昔のことを考えれば、日本人は中国人のマナーの悪さを笑えないのです。

今はしっかりと皆が守っているからマナーが良い方も増えましたが、かつては中国人と同じようなものだったのです。

まあ今でも、ポイ捨てする人は大勢いますし、決して完璧でありませんけどね。

Twitterに投稿するバカッターなんかもヤバイですしねぇ。

「中国人だからマナーが悪い」「中国人とは仲よくしないほうが良い」という考えはあまりにもお粗末。

お互いが他国の文化を理解し合い、仲良くなれると良いですね。

それに中国人女性にも美人はいるので、捨てたもんじゃありませんよ。

詳細はこちら↓

中国の美人女性と簡単にネットで出会う方法

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?