セルビアは、ちょうど北海道の面積くらいの東南ヨーロッパの国で、昔はユーゴスラヴィアでした。

あまり馴染みのない方も多いとは思いますが、セルビアには美人の女性がなかなかいます。

今回はそんな、セルビアの美人女性の特徴や、セルビア独特の文化、ネットで簡単に出会う方法をお伝えします。

セルビア人は、男は男らしく、女は女らしい

セルビア人は昔からの教育の影響で、男は男らしく、女は女らしいというのが、基本的な姿勢です。

男は声が大きく、堂々としていて、筋肉質な人が多い印象です。

一方、女性は色気があって、モデルみたいな振る舞いをする人が多いですね。

ボスニア戦争やNATOの空爆後でも、外国のボランティア団体からの洋服の支援に対しても、「服が可愛くない」という理由で、見向きもしなかった女性も少なからずいたとさえ言われています。

金髪もいれば黒髪もいる

セルビア人女性には、ロシア人と違って、金髪の人もいれば、黒髪もいます。
これは、トルコ人の血が混じっていることが関係しています。

喫煙率が高い

セルビア人女性は、タバコを吸う人が多いというデータが出ています。

セルビア人と付き合えば、自分がタバコを吸うことを一切、気にしないで済みそうです。

新しいモノ好き

セルビアでは「こんにちは」にあたる「ドバル・ダーン」という言葉と同じくらい、日常的によく使われるのが、「シュタ・イエ・ノヴォ?」という言葉です。

これは、「なにか新しいことある?」という意味です。

なのでどちらかと言うと、古い物や、懐かしいものにはさほど興味を示しません。

貧乏な方でも新しいモノを好む傾向にあるので、寄付をされてもさほど喜んだりしないなんてことも言われてたりします。

ケチ臭いことが嫌いで、宵越しのお金は持たないのが、セルビア人の特徴です。

楽天家が多い

「なにか新しいことある?」の次に、日常的によく使われるのが、「きっと良くなるよ」という意味の「ヴィッチェ・ボリェ」という言葉。

セルビア人は、物事を深く考えない国民性で、何の根拠もなくとも、そう言ってしまうところがあるのです。
とても、楽天的ですね。

また、「問題ない」という意味である、「ネマ・プロブレーマ」という言葉もよく使います(笑)

気楽に暮らしている方が多い

セルビア人には、日本人のようにあくせく働く人があまりいないと言われています。

現に、セルビアには働き者の日本人を引き合いに出したジョークがあります。

ある日、日本人がセルビアに会社を視察にやってきた。

一日目、視察団は社内を回り、無言で帰っていった。
二日目も、また無言で帰っていった。

そして三日目になって、ようやく視察団は口を開いた。「次は、ストライキをしていないときに来させていただきます。」と。

これは、いつ来てもトルココーヒーを飲みながら、ぺちゃくちゃと話に講じていたセルビアの職員は、特にストライキ中というわけでなく、平常通りの勤務態度であったという意味です。

まとめ

↑このように、兵隊の方でも綺麗な方が多いセルビア。
さすがヨーロッパ人と言えるでしょう。

確かに美人だけど、どうすれば出会えるんだ。という方には、マッチドットコムという国際系出会いアプリを利用することをオススメします。
マッチドットコムは、全世界に繋がっており、外人が好きな方に特化して作られたものです。

ぜひ1度、お試しください。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?