ボスニア・ヘルツェゴヴィナをご存知でしょうか?元、日本のサッカー日本代表の監督を務めたオシム氏の出身国と言えばイメージが湧く方もいるかもしれません。

ボスニアは日本の九州と四国を合わせたくらいの面積で、人口は約380万人の国です。

最近まで民族間による紛争があり、色々と大変でした。

しかし、今では治安も回復し、平和な国です。

そして何より、美人が多いのが特徴的です。

今回はボスニア・ヘルツェゴビナの美人女性の特徴や独特の恋愛観、結婚観、ネットで出会う方法をお伝えします。

ボスニアの半分はムスリム(イスラム教徒)

ボスニアに住む人の約半分くらいが、ムスリム(イスラム教徒)です。

具体的に表であらわすとこんな感じですね↓

ムスリム 48%
セルビア人 37%
クロアチア人 14%
その他 1%

これらの人々によって、ボスニアは構成されています。

ムスリムだが、温厚

ムスリム(イスラム教徒)と言えば、テレビのニュースを見ていると、攻撃的で気性が荒いように見えますが、全くそんなことはありません。

ボスニアのムスリムの方は、温厚で親切で、どこかしら寡黙な印象を受けます。

また、ボスニアのムスリムは知的で、忍耐強い人が多いです。
これは、イスラム教の正しい教えを学んでいるからですね。

都会っ子が苦手な方にはボスニアの女性がオススメ

ボスニアの方は、他のヨーロッパの国と比べると、田舎者っぽさがあります。

ボスニアがまだ独立していない時代、ボスニアの人々はボサナッツと言われることがありました。

ボサナッツとは、ボスニア人のことなのですが、それ以外にも、田舎者という響きも込められている言葉なのです。

言葉も方言の影響でなまっているので、都会の人からすれば、バカっぽく見えたりするようです。

そもそもボスニアの言葉が分からない人からすれば、そんなふうに感じることは無いかもしれませんが、付き合っていくにつれて、どこかしら哀愁漂う部分があることに気づきます。

そういった意味では、ボスニア人は日本の東北の人っぽいところがあると思っておいて良いでしょう。

どことなくせっかちで冷たく、意識高い系なんかが苦手な方は、温厚で哀愁があるボスニアの女性が良いと思います。

まとめ

前回の記事でセルビア人のことも述べましたが、やっぱりここらへんの方々には美人が多いですねぇ。

DMMの英会話ではセルビアやボスニアの女性が教えてくれることがあるのですが、実際に美人が多い影響を受けます。

でも会うことが出来ない、会う機会がない。
そんなふうにお悩みの方は、ネットで出会うことのできるマッチドットコムを利用することをオススメします。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?