インドネシアと言えば、バリ島ですね。
海も綺麗で食べ物もおいしく、海外旅行としても人気です。

肝心の女性はいかがなものなのか?今回はネットで簡単に出会う方法はもちろん、インドネシアの女性の特徴をお伝えしたいと思います。

とびっきり美人な女性はインドネシアにはいない?

バリ島などの観光地に行くと、インドネシアの女性とたくさん出会うことはできますが、みな、黒くて、日本人好みの女性はいないなんて言われることが良くあります。

たしかに、現地の女性の画像を見ていると、特に美人と言える人はいないように見えますねぇ。

ですが実は、地域によればそんなこともないことが分かりました。

例えば、インドネシアの首都である、ジャカルタですね。
ジャカルタに集まる女性は、かわいい女性が多いですね、化粧も覚えてますしね。

インドネシアにはJKT48なんていう秋元康がプロデュースしているアイドルグループもあるくらいですし、インドネシアの女性も捨てたもんではありません。

↑このような感じですねぇ~。

ヒジャブをしている女性が多い

インドネシアは、ムスリム(イスラム教徒)の人口が一番多い国です。

ですから、ヒジャブを付けている女性がかなり多いです。

ヒジャブとは、ムスリムの女性が主に付けている頭巾のことです。
驚きなのが、最近、このヒジャブがファッションとして活用されていることがあるということです。

ただし、宗教的な問題で、まだまだ制限されている部分はあるみたいですけどね。

実際のニュース↓

日本人は金持ちに見られている

日本の男性をお金持ちにみているのは、インドネシアだけではなく、ほとんどの東南アジアの国がそうだと思います。

例えば、フィリピンやタイなどの国だと、日本の観光客はめちゃくちゃ狙われますし、ゴーゴーバーなどに行くと、間違いなくたかられます。

逆に、東南アジアの男性はほとんど、お金がなく、貧乏です。

ですから、日本人はインドネシアなどの東南アジアの女性には必然的に、モテます。

また、お付き合いするインドネシア人女性が、ムスリムだった場合は、相手側の家族に結婚した際に、持参金を要求されることがあります。

イスラム教にはマハルという習慣があり、結婚した男性が、持参金を用意しなければならないと言われています。
ただ、ムスリムであっても、宗教的に熱心ではない家族なら、要求されないこともありますが、単純にお金が欲しくて要求してくる家族もいるんじゃないかな?と思います。

東南アジアは、まだまだ日本よりも貧乏な国が多いですからね。

まとめ

比較的に、北欧や韓国、台湾、タイなどと比べると、美人は少ないかもしれません。
まだまだ、化粧さえ覚えていない人も多いですし、韓国のように祝いごとくらいのノリで整形する文化もないですからね。

インドネシアでは、ムスリムの女性がほとんどですし、日本人からすれば、インドネシア人の女性と付き合う機会ってほとんどないと思います。

イスラム教の戒律って、日本人にとっては理解し難いことも多いですしね。

アジア系の外国人と出会いたい、付き合いたい、結婚したいという方は、マッチドットコムという出会い系アプリをオススメします。

アジアからヨーロッパまで、全世界の人々が登録している出会い系なので、他の出会い系サイトよりも、外人との出会いに特化されています。活用してみてください。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?