観光的魅力の高いモロッコ。海外旅行先に選ぶ人は多いです。
町並みも行きかう人々の姿も異国風情たっぷりですが、そんな中、おとなしく清楚なモロッコ人女性のたたずまいに、ウットリしてしまう日本人男性は少なくありません。

イスラムの戒律ゆえに奥ゆかしい彼女たちですが、しかしそれゆえ異性に対して排他的に見えてしまいます。すると、恋愛のチャンスなどないように思えてしまいますが・・・そんなことはありません!

モロッコ人女性は戒律に対して生真面目ですが、異性を嫌っているわけではなく、モロッコ人女性との国際恋愛・国際結婚は、決してあり得ない話ではないのです。

今回は、モロッコ人女性とのネットでの出会い方を解説します。

まず、モロッコ人やモロッコ人女性の特徴、気質、恋愛観についてご紹介しましょう。

1.モロッコとは、イスラム文化とアフリカ黒人の混ざり合った国。

モロッコは、迷路のような旧市街フェズやマラケシュ、ラクダに乗って冒険できる砂漠ツアーなど、観光名所が多く、海外旅行先としてかなり有名で人気の国です。

しかし、モロッコの国民性を知っている日本人は、少ないでしょう。

モロッコは、全身ベール姿に象徴されるアラブ人を中心に、砂漠の遊牧民ベルベル人、そして真っ黒な肌を持つアフリカ人が混ざり合った人種が特徴です。

どれがモロッコ人というのでもなく、すべてがモロッコ人です。また、もちろん彼らのハーフやクォーターも多く、さらにヨーロッパに近い北部の街では、ヨーロッパ人とのハーフも見かけます。

一般的には、ベールをかぶったアラブ人を、モロッコ人としてイメージする人が多いでしょうか。

2.モロッコ人の言語、通貨、宗教は?

モロッコの公用語は、アラビア語とベルベル語です。また、立地と国交の関係から、フランス語も広く普及しています。

北部では、スペイン語の通じる人も多いでしょう。観光地や観光業者には、英語を使える人も多いです。

モロッコの通貨はディルハム(DH)で、モロッコ独自の通貨です。物価は、現地物価としてはかなり安い国で、モロッコ人は日本の1/3くらいの物価感覚で生活しています。

しかし、私たち外国人が旅行をする際には、外国人向けのレストランで食事し外国人向けのホテルに泊まると、日本とあまり変わらない金額になるでしょう。

国教はイスラム教で、イスラム教色のとても強い国というイメージがありますが、実はモロッコは、宗教に対して寛大です。
信仰の自由が憲法で保障されていますし、実際にどこの街にもキリスト教会、ユダヤ教会があり、各宗教が互いを尊重しながら混在しています。

3.激化する観光地化とは裏腹に、宗教戒律や古い価値観が根強く残るモロッコ。

モロッコは近年、観光地化が目覚ましいスピードで進んでいます。カサブランカやマラケシュなどでは、英語を達者に操る観光業者が大勢いるばかりか、日本語を操る人も少なくありません。

経済の発展を動機に、貪欲に外国文化を取り込んでいくモロッコですが、しかし、家に帰ったあとの素顔の彼らは、思いのほか保守的です。

商売にはガメツくても、5度のお祈りを欠かさない人は多いですし、外国人女性を積極的に口説いても、イスラムの民族衣装は脱ぎません。観光客に愛想は良くても、写真を撮られることに大きな不快感を示す人が多いです。

こうしたモロッコ人気質は、私たち日本人からすると、ややとっつきにくく感じるかもしれません。

4.男女で大きく異なる、モロッコ人の恋愛観。

そんなモロッコでは、恋愛観が男女でとても大きく異なります。
男性は、イスラム教の戒律をよく守るような人でも、プレイボーイが多いです。モロッコ人/外国人問わずすぐに声をかけ、デートにこぎつければ会った初日からでもベッドインをしたがります。

しかし女性は対照的で、「交際するなら結婚前提に」という硬い貞操観念と慎重な恋愛観を持つ人がもっぱらです。

都会には、ベールで顔を覆うこともせず完全に西洋風のファッションをする女性も増えてきていますが、そんな先進的な彼女達もまた、恋愛観については硬く慎重な人が多いのです。

5.そんな貞淑さが、逆に魅力的。

日本人男性には、女性のワガママさにうんざりしている人も多いです。

そのような人が、モロッコで敬虔なモロッコ人女性を見ると、その貞淑さ、上品さ、欲の無さに感動してしまうことが多いようです。

モロッコ人女性はセックスアピールは低いですが、それこそが魅力的に感じます。

日本で清純派の女性や若い黒髪の女性を好むような人は、モロッコ人女性の透き通った瞳に魅了されるでしょう。

6.会話の機会は少ないが、会話そのものを嫌がっているわけではない。

モロッコを実際に旅行していても、モロッコ人女性とゆっくり会話する機会はなかなか得られないでしょう。

これは、モロッコ人女性が、イスラム教の戒律により、むやみに夫以外の男性と会話しない習慣を持っているからです。そのため、モロッコ人女性から話しかけられる、ということはほとんどありません。

しかし、彼女たちは、別に男性を嫌っているというわけではありません。そのため、あなたのほうからモロッコ人女性に話しかけるなら、きちんと目を見て対応してくれる女性は多いです。

ナンパ口調で言い寄れば邪険にもされるでしょうが、道を尋ねたり、リヤド(モロッコ風ペンション)のルールについて尋ねたりするぶんには、きちんと答えてくれます。

むしろ、男性と交流する機会が少ないぶん、男性と会話することをうれしく感じているモロッコ人女性は多いです。彼女たちも異性や恋愛には興味があるのです。

ですから、洗濯サービスの料金を尋ねるだけでなく、「あなたは今、何の仕事をしているの?」などと世間話を挟んでみましょう。きっと、にこやかに会話を弾ませてくれますよ。

7.モロッコ人女性との結婚は、イバラの道・・・。

モロッコは、外国人との国際結婚を禁止していたりはしないのですが、結婚のハードルはかなり高いと言えます。
日本とモロッコを往復しながら、様々な書類を取得し、アラビア語に翻訳し、それをあちらのお役所に提出する必要があります。

「無罪証明書」や「健康診断書」など、日本の結婚では必要のないものが数多く存在します。また、それらを取得する際のお役所の動きは緩慢で、「待たされる」「ミスがある」ということは頻発し、かなりの忍耐力と行動を要するでしょう。

また、イスラム教に改宗(入信)しなければ結婚を認めてもらえないこともあるので、相手の女性やその両親に、条件をしっかり確認してください。イスラム教徒として生きるなら、年に1カ月も続くラマダン(日中だけ断食をする)を行ったり、豚肉食を控えたりといった戒律も徹底しなければならなくなるかもしれません。

戒律の実践については、家族や個人によって考え方が異なるので、あなたのパートナーやその家族に確認を取りましょう。

モロッコ人女性とどうしても結婚したい場合、日本で生活する形で進めるほうが、実現しやすいですし困難も少ないでしょう。

8.ライトな恋愛のほうが、チャンスは大きい。

結婚ではなく恋愛であれば、チャンスは思いのほか大きいです。

一般的に、「モロッコ人女性は結婚を前提に交際をする」と言われていますが、そこには個人差があるのです。結婚を前提にしない、ライトな恋愛を望んでいるモロッコ人女性も大勢います。

特に、都会や観光地にはそうした考えの女性が多いですし、日本人が出会うことが多いのはそうした都会や観光地の女性なので、一般論として言われている以上に、恋愛のチャンスは大きいものです。

また、SNSを活用する女性なども、先進的な考えをしていたり、外国人や異文化、異宗教に対して寛大なので、日本人が恋愛できる可能性は高くなります。

そのような女性は、愛想も良く社交性も高い傾向にあり、コミュニケーションの障壁も小さいでしょう。
そうした女性は、親御さんもまた、外国・異宗教の男性との恋愛に寛大な傾向があります。

8.モロッコの美人女性とカンタンに出会うには?

モロッコの美人女性と出会うには、現地に赴くのが確実ですが、立地の面からも言語の面からも、日本にとって決して手軽に行ける場所とは言えません。

ではどうしたらよいのかというと、「マッチドットコム」というサイトを活用してモロッコ人女性との出会いを作るのがオススメです。「マッチドットコム」なら、日本にいながらにして、日本に住んでいるモロッコ人女性と出会うことができます。

「マッチドットコム」は、日本ではあまり知名度が高くはありませんが、海外では世界一有名な出会い系サイトで、モロッコ人にももちろん有名です。

会員数は1,500万人以上と業界最多で、ギネスブックにまで登録されており、結婚を見越した真剣な人も多数登録している、信頼度の高いサイトなのです。

このサイトでは、女性を検索する際に言語で絞ることもでき、日本語を話せるモロッコ人女性だけを選り分けることも可能で、大変便利ですね。

無料登録で様子見が出来るのも、マッチドットコムの大きな特徴の1つです。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?