仕事の出張など、ひょんなことから小秘境ブルネイに訪れた人は、不意に驚きます。「東南アジアの片隅に、こんなに麗しい女性が大勢いるなんて!」そんな一目ぼれから、ブルネイ人女性との恋愛に憧れている人は多いことでしょう。

わからないことの多い神秘の国ブルネイですが、ブルネイ人女性との国際恋愛・国際結婚は、思いのほか難しくはありません。
今回は、ブルネイ人女性とのネットでの出会い方を解説します。

まず、ブルネイ人やブルネイ女性の特徴、気質、恋愛観についてご紹介しましょう。

1.東南アジアに突如現れるリッチなオイル産出国。それがブルネイ

ブルネイってどこ!?と戸惑う人も多いかもしれませんね。

ブルネイは、マレーシアの対岸にある小さな国で、大陸には位置していないため、東南アジアを周遊する旅行者にすらあまりなじみのない国です。

その実態は、石油が産出されることから東南アジアではトップクラスの水準を誇るお金持ち国。シンガポールに次いで高い経済力を持ちます。
オイルマネー国家と言えばドバイやカタールを想像しますが、ブルネイの場合はあのような近未来都市を作ったりせず、良い意味での東南アジア的穏やかさを保っています。

街はとても清潔で、治安も良く平和。海外旅行の初心者でも歩きやすい、東南アジアでは異色の国です!

2.男も女も善い人ばかり!そんな国民性がブルネイ。

東南アジアというと、女性は働き者でも男性はだらしない人ばかり・・・そんな特徴の国が多いです。

しかし、ブルネイは一風違います。

女性たちが宗教に敬虔で、従順で働き者であるのはもちろんのこと、男性たちもとても勤勉で穏やかな気質をしています。
ブルネイの国王は、オイルマネーで潤った資金をさらにタワーシティにして観光商売しようとは考えません。

そうした節操が国民にも浸透しているようで、オイルマネーによる手厚い社会保障に溺れず、男性も女性も堅実に暮らしています。

さらに、「旅人に優しい」というイスラム教徒の気質も健在で、ローカルな集落を個人旅行で歩いていれば、彼らのお祈り風景や大家族での食事風景に招待されることは少なくないでしょう。

3.ブルネイの言語、通貨、物価、宗教は?

ブルネイの公用語はマレー語です。厳密に言えばブルネイ・マレー語で、マレー語とはやや異なります。英語も広く普及しており、観光業者以外でも通じる人は多いでしょう。また、中国からの移民が多い関係上、中国語も見かけます。

ブルネイの通貨はブルネイドル(BND)で、1ブルネイドル=80円くらいを推移しています。

物価は、都会的なお店に入ると日本とほとんど変わりません。やや安いかな、という程度です。
しかし、地元民しか行かないような食堂や市場では、他の東南アジア国と同じくらいに安いです。旅行としてはお金が掛かりますが、暮らすぶんにはあまりお金は掛からないでしょう。

ブルネイの宗教はイスラム教です。戒律の厳しさは他のイスラム教国の平均といったところで、女性たちはもっぱらショールで肌を隠して暮らしています。

ただし、外国人旅行者に対する戒律の押し付けはほぼ皆無で、モスクの観光の際にクツの脱ぎ場などを守れば、注意されることも難しいこともないでしょう。

4.お上品でスマート、女子力のすこぶる高いブルネイの女性たち。

 

敬虔なイスラム教の国なので、女性たちは誰もが、ショールをかぶってひそやかに暮らしています。

しかし、国民性が先進国的なので、彼女たちの振る舞いや佇まいはとてもお上品。他のイスラム国女性よりも、スマートな印象を放ちます。もちろん、他の東南アジアの女性よりもスマートです。

かといって、お嬢様扱いされながら過保護に育つというわけではなく、家の中のことをしっかりと受け負う高い家庭力があります。また、大家族・多親族に囲まれて暮らすので、人付き合いも円滑で社交的です。

経済的にゆとりがあるので、オシャレもしており、しかしあまり化粧が濃くないのは日本人好みのルックスと言えそうです。ブルネイの女性たちは、すこぶる女子力が高いのです!

5.ブルネイ女性と仲良くなるには、「いきなり家族ぐるみ」が最強のコツ。

ブルネイ女性は魅力的ですが、しかし街中にはあまり若い女性の姿を見かけません。
ではどうやって仲良くなれば良いかというと、「旅行者」という立ち場を活用して、ブルネイの人と仲良くなり、お家に招待してもらいましょう。

するとその家の中には、秘蔵のブルネイっ娘が宝石のようにたたずんでいます。
家族のいる安全な場所ですから、他人であるあなたが若いブルネイ女性とおしゃべりしても誰も咎めませんし、彼女も怖がりません。

そうして効率よく仲を深めることができます。
どのみち、交際や結婚には家族のお墨付が必須なので、家族の人たちとも仲良くなりながら彼女と親睦を深めていけば、一石二鳥です。

そうして数回も公開デートを重ねていれば、彼女にとってあなたは「かけがえのない男性」になっているハズ。
閉鎖的なイスラム戒律環境は、逆を言えば出会いの機会が乏しく、ライバルが少なく、あなたのアプローチは成就しやすいですよ。

6.ブルネイの対日感情はすこぶる良好!

ブルネイに旅行しにくる日本人はほとんどいません。
そのため、日本人の友人を持つブルネイ人はほとんどいないはずですが、しかしブルネイ人の対日感情はすこぶる良いです。

これは、ブルネイのお家芸である石油輸出の最大の取引先が、日本であるからです。ブルネイの裕福さは日本に支えられている感があるので、ブルネイ人は日本人に対する印象がとても良好です。

また、若者たちは日本のマンガやアニメを見て育っており、そうした意味からも日本は親しみを持たれています。
これはもちろん、ブルネイ人女性と国際恋愛をする際も、国際結婚をする際も、大いにプラスに働きます。

7.結婚はとても大がかりなブルネイ人。

結婚式については、とても盛大に行うのがブルネイ流です。
といっても、日本のように大金をかけてバブリーにやるという意味ではなく、3~4日間も要して行うのです。

1日目はまず新郎の家で。親族・友人が集まり、イスラム風の方法で一人ひとりが祝福をします。2日目は新婦の家で。ここで、イスラム教司祭の取り仕切りのもと、結婚の宣誓が行われます。宣誓するのはもっぱら新郎だけで、新婦は別室でこれを聞いています。

日本の結婚式よりも、新郎新婦と参列者(親族・友人)の距離が近いのが特徴で、司祭に対する結婚の宣誓でありつつも、周囲の人々に対する宣誓の意味合いも大きくなります。

そのぶん、親族ぐるみ・地域ぐるみで結婚(生活)を支え合う心強い文化があります。「地域の人は皆親戚」という感じで、困ったときに助けてくれる人がものすごく多くなります。

奥さんに対して一途な気持ちの強い男性は、このような結婚文化ではとても過ごしやすいでしょう。逆に、「出来れば不倫を・・・」と考えるような人は、ブルネイでの結婚文化は合わないでしょう。

8.結婚後の生活は極めて安心なブルネイ。オイルマネーで手厚い社会保障。

ブルネイは、オイルマネーで潤っているため、国民に対する社会保障がとても手厚い国です。
公立病院での医療費、公立学校での教育費は無料で、個人の所得税も徴収していません。

また、治安がとてもよく、自然災害も少なく、自然が豊かで空気もキレイと、生活環境はすこぶる良いと言えます。

ブルネイ人は基本的に、昔ながらの水上集落や質素な家で育っているため、ブルネイ人女性はあまりお金が掛かりません。

一般的な住宅地に住みつつ外資企業や観光産業などで生計を立てるなら、潤沢な収入と少ない支出で、生活に苦しむことはまずないでしょう。

9.ブルネイの美人女性とカンタンに出会うには?

ブルネイの美人女性と出会うには、現地に赴くのが確実ですが、観光情報も少なく直行便も飛んでいないブルネイは、旅行するだけでも一苦労です。

ではどうしたらよいのかというと、「マッチドットコム」というサイトを活用してブルネイ人女性との出会いを作るのがオススメです。「マッチドットコム」なら、日本にいながらにして、日本に住んでいるブルネイ人女性と出会うことができます。

「マッチドットコム」は、日本ではあまり知名度が高くはありませんが、海外では世界一有名な出会い系サイトで、ブルネイ人にももちろん有名です。

会員数は1,500万人以上と業界最多で、ギネスブックにまで登録されており、結婚を見越した真剣な人も多数登録している、信頼度の高いサイトなのです。
このサイトでは、女性を検索する際に言語で絞ることもでき、日本語を話せるブルネイ人女性だけを選り分けることも可能で、大変便利ですね。

無料登録で様子見が出来るのも、マッチドットコムの大きな特徴の1つです。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?