海外生まれの企業であるマッチドットコム(match.com)は、他の婚活サイト・出会い系サイトと比べて個性的な点がたくさんあります。その中の1つに、「同性会員を検索できる」というものもあるのです。

男性が、男性会員を検索して男性と出会う
女性が、女性会員を検索して女性と出会う

といった使い方もできるのです!
これは、同性愛に対して寛大な欧米ならではの先進的な観念ですね。

当記事は、マッチドットコムにおける同性の検索や同性会員との出会いについて解説していきます。
同性愛者ではない人にも、役立つ情報がありますよ。

1.マッチドットコムで同性会員を検索するのはとてもカンタン!

マッチドットコム(match.com)に日常的にログインしていても、「今日のマッチ」などに同性の会員が出てくるのを見たことはないでしょう。

だから、「同性と出会えるって本当なの?」と首をかしげたくなるかもしれませんが、同性会員を検索できますし、出会うこともできます。

普段使わない機能は面倒くさそうに感じてしまいがちですが、使い方もとてもカンタン。

ここでその手順を、画像付きで詳しくご紹介します。

手順1:マッチドットコムにログインし、画面上部のツールバーから「検索」ぺージに飛びます。

手順2:画面左側の「現在の検索」ウインドウから「編集>>」という赤いボタンをクリックします。

 

手順3:「基本事項」というウィンドウが開きます。

 

一番上の選択ボックスを開くと、「女性を探している男性」「男性を探している女性」「男性を探している男性」「女性を探している女性」という4つの選択肢が表示されるので、あなたが男性なら「男性を探している男性」を選択しましょう。

年齢範囲や地域についても、指定の必要性があればこの画面で設定を行ってください。最後に右下の「適用」ボタンを押します。

手順4:「男性を探している男性」は日本では少ないので、もしこの検索結果で誰もヒットしないなら、エリアを変更・拡大してみましょう。

手順5:一覧の中に簡易リストが表示されれば同性会員の検索は完了しています。気になる男性の項目をクリックしてみてください。

ふだん女性会員で見ているのと同じようなプロフィール画面が表示されます。
画面左側には「彼にメールする」「無料でウィンク」のボタンがありますし、写真に「いいね」を押すことも出来ます。

手順にすると5段階になりましたが、実際には1分も掛からないカンタンな作業ですよ。

2.「同性検索」機能は何のためにある?どんな使い方がある?

他のマッチングサイトではほとんど見られない同性検索機能。マッチドットコム(match.com)では一体、何のために存在しているのでしょうか?

また、どのような使い方が考えられるでしょうか?

(1)純粋に、同性との恋愛を求めている人々がいる。

まず第一に、ごく単純に、同性との恋愛を求めている人々が大勢いるためです。
「LGBT」という言葉とともに、レズビアンやゲイ、バイセクシュアルといった同性愛者・両性愛者の存在が、日本でも周知されるようになってきていますよね。

日本の場合、「LGBTな人たちもいる」という認知が広まっているだけで実際の同性愛者・両性愛者はそう多くありませんが、欧米を中心に海外では、けっこうな数のLGBTがいます。

また、それを隠さずに堂々と同性の恋愛相手を探したり恋愛したりしています。

アメリカ生まれのマッチドットコムは、欧米人のこうした趣向に敏感であり寛大なので、同性会員を探せる仕組みを用意しているのです。

(2)同性の友人を探すという活用方法もある。

人が求める出会いには、恋愛を意図したものだけでなく、共通の趣味などを持った人との性別を度外視した交流もあります。

たとえばあなたが、あまり有名ではないロックバンドのファンで、そのバンドのライブに一緒に行けるような友人を探すのに、マッチドットコムを使って同性の中から探すのも有意義なわけです。

マッチドットコムには「キーワード検索」という機能があるので、これで特定の趣味や特徴の人を探すことが、他のマッチングサイトよりもカンタンです。

また、マッチドットコムならではの活用法としては、やはり外国人の会員が多いことを上手く使いたいところ。

たとえばあなたがロサンゼルスに長期出張になったら、現地で一刻も早く気の知れた友人を作りたいですよね。

そんなとき、ロサンゼルスに住んでいる日本語の話せる同性会員をサーチして声をかければ、すぐに頼もしい友人を作ることが出来ます。

実際、このように、あくまで友人作りが目的で同性の会員を検索するユーザーもいます。

友人として同性を探す場合、同性愛者を選ばないように注意!

友人として同性を探す場合、1つ検索ソートの注意点があります。

トピック1で紹介したように、男性会員を選ぶ選択肢には「男性を探している男性」と「女性を探している男性」の2パターンがあります。

ここで「男性を探している男性」を選択してしまうと、相手は男性に恋愛感情や性欲を抱くタイプの人なので、あなたに性的な関係を期待してくる懸念が高いのです!

それはあなたの求めるものではないでしょうから、「女性を探している男性」の中から友人を探すことが良策です。

また、コンタクトの際も、「こういう事情で同性の友人を探している」ということを最初に丁寧に説明しましょう。そうでないと、あなたが同性愛者と勘違いされてしまいます。

(3)プロフィールの書き方を参考にさせてもらう。

マッチドットコムに登録したとき、プロフィールの自由筆記欄に戸惑う人は多いようです。「最低でも200文字書いてください」と言われても、何を書いたら良いものやら・・・。

もちろん、ただ淡々と自己紹介を書いても、異性の会員の注目を引けるわけではありません。

そんなとき、同性の会員を適当に検索してみるのです。
すでにマッチドットコムに長く登録している人は、効果的なプロフィールの書き方や面白いアイデアを知っています。

それを参考にプロフィールを書けば、始めたばかりでも女性会員の気を引きやすくなるでしょう。

3.同性会員を検索できるのはマッチドットコムだけ!

現状、主要な婚活サイト・出会い系サイトの中で、同性会員を検索し、気軽に同性会員と出会うことが出来るのは、マッチドットコム(match.com)だけです。
同性愛者にとって、マッチドットコムが唯一のマッチングツールということになります。

もちろん、無名で小規模なサイトの中には同性会員の検索に対応しているものもあるかもしれませんが、規模が小さいサイトでは信頼性に欠けますし、また会員数も少なく出会いのチャンスも少ないです。

また、あなたが日本人で、同性愛者を探しているなら、外国人にも目を向けてみるのは有意義ですよ。

これまで、「外国人との恋愛など現実味がない」と思っていたとしても、マッチドットコムであれば敷居はぐっと下がります。

・日本語を話せる外国人
・日本に住んでいる外国人
・同性愛・両性愛の外国人

をいとも簡単に見つけることが出来るからです。
日本人とは性格や恋愛観が異なることから、むしろ日本人よりも付き合いやすいと感じるケースもあるでしょう。

同性愛者・両性愛者にとって、マッチドットコムは唯一無二の非常に有意義なツールです!

まとめ

いかがでしたか?

マッチドットコムで同性会員を探すことは出来ますし、それは思いのほか簡単です。
そして、同性愛に興味のない人にもその活用の機会はあるのです。

グローバル化の著しい昨今、外国人の同性友人を作ることの意義もどんどん増しているので、友人としての検索手法もぜひ頭の片隅に入れておきましょう。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?