原住民族ならではの純粋さを残す、大きな瞳の乙女たち。
そんなミクロネシア人女性と国際恋愛・国際結婚してみたいですよね。

今回は、ミクロネシア人女性とのネットでの出会い方を解説します。

まず、ミクロネシア人やミクロネシア人女性の特徴、気質、恋愛観についてご紹介しましょう。

1.土着文化の残るたくさんの南の島。それがミクロネシア。

ミクロネシアは、日本の南側にある、広大な島国です。607もの小さな島があります。

グアムやサイパンもミクロネシアの一部ですが、これらは独立した国(エリア)として別個で扱われることが多いですね。

ミクロネシアは、土着文化がまだまだ色濃く残っていて、ちょっと都会を離れれば原住民族にたくさん出会えます。

海外旅行の拠点になる大きな島や観光地がないので、日本からの旅行者は少なく、秘境ムードが漂います。
海と原住民族の好きな人にとても人気がある、太平洋の楽園です。

2.上半身裸のミクロネシア人女性にドキドキ!

ミクロネシア人女性は、赤褐色の肌に大きな目鼻をしているのが特徴です。
様々な部族との混血が進んでいるので、美人が多いです。あどけない笑顔で微笑むので、日本人から見るとなおさら魅力的。「いつまでもここに居たいなぁ」と思わされてしまいます。

ちょっと田舎のほうに行くと、上半身ハダカの女性を多く見かけて驚いてしまうでしょう!

暑い国の原住民にとってハダカでいるのは当たり前のことなので、恥じらうこともないのです。
近寄っても逃げたり怒ったりせず、愛想よく交流してくれます。

3.ピュアな微笑みと従順な性格で旅行者男性を魅了する、ミクロネシア人女性!

ミクロネシア人女性は、土着文化の影響から、男性や目上の人に対してとても従順です。旅行者のあなたに対しても素直で従順に接してくれるでしょう。

ピュアな笑顔で性格が良く、露出が多いですから魅力的です。

暮らしの中に快楽が少ないため、女性たちはとても働き者。料理や家事、伝統工芸をしっかりとこなし、歌や踊りもお手のものです。彼女たちの健気な姿に、先進国の旅行者は感動してしまいます!

4.国際恋愛・国際結婚するなら彼女たちの文化を理解しよう。

ミクロネシアはキリスト教が盛んです。戒律が厳しいというよりも、日曜日に礼拝に行き、みんなでゴスペルを歌う文化が盛んで、これが一つの生きがいのようです。

日曜日は礼拝を終えると、そのまま自宅や友人宅でノンビリ過ごします。「安息日」を忠実に守っていて、掃除も洗濯も、料理さえもお休みです。

そのため、日曜日にミクロネシア人女性をデートに連れ出すのは厳禁!教会と安息の習慣を尊重してあげてください。

また、部族によっては男女間で家事を別々に行う習慣があります。
夫も自分で家事を行うのです。だから女性とお付き合いするなら、むやみに家事を押し付けないようにご注意ください。

5.日本人の失った幸せがミクロネシアにはある!

ミクロネシアでは、ピュアな微笑みの女性たちとゆるやかな毎日が過ごせます。
日本の几帳面な社会を好まない人にとって、ミクロネシアは天国のように感じられるでしょう!

ミクロネシアは英語が通じるので、私たち日本人が入っていくことも可能です。

6.ミクロネシアの美人女性とカンタンに出会うには?

ミクロネシアの美人女性と出会うには、現地に赴くのが確実ですが、交通インフラが整っていないこの島国は、行くだけでも大変です。

そんな時は、「マッチドットコム(match.com)」というサイトを活用してミクロネシア人女性との出会いを作るのがオススメです。

「マッチドットコム」なら、日本にいながらにミクロネシア人女性と出会うことができます。

「マッチドットコム」は、日本ではあまり知名度が高くありませんが、海外では世界一有名な出会い系サイトで、ミクロネシア人にも有名です。

会員数は1,500万人以上と業界最多で、ギネスブックにまで登録されており、結婚を見越した真剣な人も多数登録している、信頼度の高いサイトなのです。

このサイトでは、女性を検索する際に言語で絞ることもでき、日本語を話せるミクロネシア人女性だけを選り分けることも可能で、大変便利ですね。

無料登録で様子見が出来るのも、マッチドットコムの大きな特徴の1つです。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?