ラトビア人女性の特徴・魅力をお伝えします

あなたはラトビアをご存知でしょうか?
ざっくり言えば、フィンランドの南の方にある、北欧の国です。

あまり聞き覚えのない方もいらっしゃるかもしれませんが、このラトビアには美女が大勢います。
ラトビアの近くにあるエストニアやリトアニアにも美女が多く、この3つの国はバルト三国と呼ばれており、美女大国群として知られています。

そして、その中でもこのラトビアがオススメです。
何故なら、結婚していない女性がたくさんいるからです。

今回は、その理由やラトビア人女性の魅力などをお伝えします。

金髪美女ばかり

ラトビア人には美人が多いです。

ここら辺の国は、美人の産地とされていることで有名です。

斎藤陽介という日本のサッカー選手はラトビア人女性と国際結婚していました(今は離婚している)。

↑この女性ですね。
スタイルもめちゃくちゃいいですし、美人です。

今田耕司も絶賛!

あのお笑い芸人、今田耕司も、ネットで「国際結婚するならラトビアの女性が良い」ということを知ったようです。
その理由は、金髪美人が多いから。

詳細はこちら↓

ラトビア人女性は未婚率が高い

ラトビア人女性は結婚をしていない方が多いです。
別に、理想が高いとかそんなのではありません。

ラトビア人女性の未婚率が多いの一番の理由は、ラトビアの男が少ないところにあります。

男女比率で言うと、女性100人に対して男性は84人しかいません。
世界と比較すると、最も男性の割合が低い国なのです。

つまり、女性が余っているのです。

男性の割合が低い理由として考えられるのは

・第二次世界大戦中、激しい戦闘をおこなったため

・アル中で早死にする確率が高い

 

これらの理由が考えられます。

第二次世界大戦中、激しい戦闘をおこなったため

第二次世界大戦当時、ラトビアでは長い戦闘が続きました。
そのことが、ラトビア人男性の割合を低くした理由の1つだと言われています。

ただこれは、ラトビアだけに限らず、旧ソ連圏全体の傾向です。
当時、旧ソ連では戦闘により、1400万人以上の男性の死者を出しました。

それにより、旧ソ連圏では女性の方が比率的に高いのです。
そして、その中でもラトビアがダントツで女性人口の方が比率が高いです。

ラトビア人男性はアル中で早死にする確率が高い

ラトビア人男性は、アルコールを摂取する量が多いので、アル中が多く、早死にする方も多いと考えられます。

あの周辺の国は実際、アルコールによる死因が高いのです。
例えばロシアや隣国であるエストニアは、アルコール中毒による死因が世界で1位、2位です。

ロシアのアルコール中毒は有名ですね。
最近でも、アルコール中毒で入浴剤や洗剤を飲んで亡くなった方がいるくらいです。

アルコール中毒による死因だけでなく、アルコールが抜けた後の嫌悪感や禁断症状のようなものが精神をおかしくさせ、自殺率を高めているとも言われます。

また、ラトビアのようにバルト三国であるリトアニアは、世界の自殺率で第4位です。
経済的な理由と、アルコール中毒がかさなって、自殺率を高めています。

何故、ここまでお酒を飲む人が多いかと言うと、寒いからというのもあるのですが、元々のお酒が好きってのも関係しているでしょう。
また、お酒に強い体質なので、ガボガボ飲んでしまうのです。

あとは、やはり経済的な理由ですね。

結婚に悩んでいる美人なラトビア人女性は狙い目

なので、ラトビア人女性からすれば結婚できないことは悩みの1つなのです。
自分が美人だから、男性を厳選しているのでなかなか結婚しないというわけではありません。

つまり、競争率が低いということになりますね。
近隣国であるリトアニアやエストニアの女性も劣らず美人ですが、一番競争率が低いのはラトビアです。

北欧の女性がタイプな方は、ラトビア人女性は穴場かもしれません。
ラトビア人女性には、マッチドットコムを利用すればネットで簡単に出会うことが出来ます。

比較的に競争率の低い美人なラトビア人女性を狙っていきましょう。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?