時折、外国人と付き合って大きな悩みを抱える方がいるようです。その悩みとは、シンプルにアソコの大きさです。もし、相手の女性がハーフで顔立ちがただ外国人っぽく、基本的には日本で過ごしたことしか無いのであれば、それはそれで安心です。

しかし、もし外国でブイブイいわせていた女性であった場合、短小の日本人のアソコに満足が100%できるかどうか不安になってしまうものです。今回、アソコが外国人より小さくても相手を満足させることができるのか。この疑問を解説していきましょう。

 

固さで勝負しよう!

 

多くの外国人女性の話しをまとめると、大きさはさほど関係無いということです

むしろ、大切なことは他に沢山あり、そういった部分を満たしてくれる男性こそが本物の勇者だといわれています。誰がどのように勇者なのかは置いておいて、まずは固さの問題からチェックしていきましょう。

 

白人男性は柔らかい?

 

まず、白人男性と日本人男性であれば、日本人男性の殆どが見劣りしてしまうと悩んでいると思います。しかし、それは発達過程の問題であるが故、同列に見て比べること自体がおかしな話しです。そもそも、白人男性に関しても短い方は短いようです。

白人男性だから、全ての外国人が立派なソーセージをお持ちではないわけです。さらに、ポイントとしては白人男性のアレは柔らかいというところです。

どうも、大きいのですが柔らかく、さほど気持ちよくないといいます。

 

日本人の強み

 

では、アジア系である日本人はどうでしょうか。確かに、アソコは白人に比べると相対的には短めといってよいでしょうが固さでは、負けていないはずです。

外国人女性の話しによると、日本人のアソコの場合、固めですので膣内のさまざまなところに刺激を与えられ、また別の快感を味わうことができるといいます。これは、朗報ですよね。

 

新たな刺激として受け止める

 

日本人の女性が外国人と付き合っていたら、「外人…超ヤバいんだけど…」と、いうかもしれません。それには、アソコのサイズも含めさまざまな理由が含まれているでしょうが、ただ単に慣れていないからです。

むしろ、外国人の女性が女子会を開いていた場合ですが、「日本人…アサムウェア…」と吠えるでしょう。ただ単に慣れていないものに対して、凄いというだけであり、日本人は駄目で外国人は良いと思っているのは思い違い、被害妄想なのです。

 

激しさが違う

 

先述した通り、外国人のアソコの大きさは抜群でしょうが、柔らかく日本人男性が与える刺激とは別の世界と考えることが可能です。そのため、違いを出すためには、プレイ中の行いにも関係してくるようです。

 

柔らかいから激しい!?

 

洋モノのAVをチェックしたことがある方もいるでしょうが、とにかく激しいという印象を持っているかもしれません。日本人のそういったビデオでも激しいものはありますが、やはり洋モノのケモノ感はスタンダードにはならないようです。

その理由は、つまり変態レベルが違うということもありますが、柔らかいので奥まで突くのに勢いがいるからです

例えば、ふにゃふにゃの棒を背中でツンツンとつつかれただけでは、恐らくはあまり痛いと思うことは無いでしょう。

むしろ、くすぐったい感じで、「おい!何だよ?笑」という感じです。しかし、大声で勢いよく、「うぉ…うぉ!」と、激しく突かれたらそれなりに痛いと思うはずです。このように、外国人の場合はソフトなセックスはできないのです。

 

日本人の優しさをアピール

 

その点、鋼鉄のアソコを持つ日本人の場合、あまり激しくすると痛すぎて膣内を傷つけてしまう恐れがあります。だからこそ、激しくはすれど、ある程度は女性のことを思って優しいセックスをすることになります。これが、外国人には新鮮なのです。

今、スローセックスなどが流行っていますが、あれは実際問題アソコが固い日本人だからこそ成立します。優しく抜き差ししても、あまり痛くなく、むしろジワジワとくる快感を味合わせることが可能です。

 

行為までのもって行き方

 

外国人と付き合っていた女性たちが口を揃えていうのが、外国人はムード造りが上手である…という部分です。確かに、白人たちは女性を口説くのがうまいというか、口説くことがマナーだと思っている節もあります。

日本人はどうでしょうか?

何となく、女性のことを大切にしていないというか、なし崩しという感じが多くあります。気まずい雰囲気になって、ズルズルというそういった行為に行くわけです。これでは、固さや大きさ云々の話しでは無いのです。

 

白人を見習う部分は?

 

白人たちのアソコは大きい。これは、誰しもが認めざるを得ない部分です。黒人に至っては、子孫を残す競争率の関係上、さらにビッグマグナムとなっているのですから、大きさだけで見れば軍配は外国人に上がります。

しかし、外国人女性が大切にしているのは、ムード作りです。外国人は、好きな女性というか、狙った女性と一緒の時は最大限相手をその気にさせようと努力をします。

甘い言葉をかけたり、軽くボディタッチをしたり、女性をムラムラさせることが上手なのです。そして、あの青く深い瞳でジッと見つめられて…。これは、大きさではありません。ムードづくりの問題なのです。

 

日本人は駄目!?

 

日本人の場合、本当は出会った瞬間に行為をおっぱじめたいのに、そういった気持ちを隠してウジウジとオッパイや尻ばかりを眺めて、お手洗いでアレを収めようと終始我慢を続けます。

相手をその気にさせる、ムードのもって行き方をまずは学ぶところが、アソコの大きさをカバーするポイントであるのです。

 

ねちっこくいこう!

 

行為自体に話しを戻しますが、我慢ならん!というような、激しいアクションは控えてねちっこくいくのが日本人のやり方です。

よく、おっさんは気持ち悪いが、ただねちっこくて本番より前が気持ちよいと女性たちからの意見を聞きます。これは、外国人にもいえるようです。

 

フルコースディナーだと思う

 

外国人女性とそういった雰囲気になった時、ここから長いディナーのコースが始まると思ってください。焦ってはいけません。服もちょっとづつ脱がす感じで、たっぷりと時間をかけて愛撫してください。

髪の毛も触ったり、背中を触ったり、愛の言葉を囁いたり…。とにかく、激しく強引といった感じの攻め方をしない方が得策だと思います。

 

アソコの固さをアピールする!

 

そして、ついに自分の物体をお披露目する時、ここで不安になる方がいるようです。

いいでしょうか。日本人は固いのです。だからこそ、ここでとるべき行動は、アンダーウェアの膨らみなどを触らせて、「どうだ?固いだろう?」と、相手に固くてトンカチみたいと言わせるまで焦らすのです。

ちょっとしたテクニックですが、性行為をしている時、相手がある程度気持ち良くなっていれば、無意識の状態、変性意識の状態に突入しています。そのため、相手の脳の記憶などをすり替えるというか、擦り込みすることが可能なのです。

 

行為中に、この人のアレは異様に固く、男の中の男といったモノを持っているのだ…と、思わせることなのです。

そして、実際にお披露目して「ワオ!」と、言わせれば勝ちです。雰囲気を作り、尚かつ相手にその固さをしっかりと認識し、ノリノリにさせてから披露すること。これこそれが、外国人男性に打ち勝つテクニックなのです。

 

まとめ

 

愛する外国人女性であっても、どこかお酒の席などで出会った女性とのワンナイトラブでも、とにかく大切なのはムードづくりと、日本人男性らしさを出してやさしくしてください

アソコ大きさは、正直そこまで関係ありません。大きくてもがさつでヘタクソな外国人は敬遠されますので安心してください

 

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?