ワーキングホリデーの具体的な解説

皆さんはワーキングホリデーをご存知でしょうか?
ワーキングホリデーとは、休暇を楽しみながら、協定している国で長期間、滞在することが出来るという制度のことです。

1か国につき最大2年、外国に滞在することができるというシステムです。

日本とワーキングホリデーの協定を結んでいる国

ワーキングホリデー協定国は

・韓国
・台湾
・香港
・ニュージーランド
・オーストラリア
・ノルウェー
・デンマーク
・ポーランド
・スロバキア
・ハンガリー
・オーストリア
・イギリス
・アイルランド
・フランス
・ポルトガル
・ドイツ
・カナダ

この16か国です。

ワーキングホリデーのメリット

ワーキングホリデーのメリットは、相手国で働くことが許されているという点です。

観光や留学が目的の場合は大抵、働くことが出来ません。
しかし、ワーキングホリデーのビザなら現地で勉強や観光をしながら、働くことが出来るのです。

要するに、お金を稼ぎつつ、相手国の文化を学べる上に、外国人と出会うことが出来るという画期的な制度というわけですね。

ワーキングホリデーのデメリット

ワーキングホリデーを利用する際に注意しておきたいのは

・年齢
・費用
・語学力

です。

ワーキングホリデー最大のデメリットは、年齢制限が設けられていることですね。
18歳~30歳のうちに申請することが出来ないと、ワーキングホリデーを利用することは出来ません。

費用で言うと、

・片道の航空券:約10万円
・海外留学保険料(1年):約25万円
・ビザ代:約3万円
・語学費用(3か月):約50~60万円
・生活費(9か月):約100万円

大体、1年で200万以上かかります。

また、その国の言葉を喋ることできない場合は、苦戦します。
特に海外でアルバイトをする場合はその国の言葉を喋れないと、かなりキツイです。

ワーホリで語学学校に通ってその国の言葉を学ぶという手段がベターですが、語学学校にはその国の言葉を学びに来た外人ばかりなので、ちょっと理想とは違うということになる場合があります。

ある程度の語学能力や貯金があるなら、ワーホリを利用して外人と触れ合うことが出来ますが、お金もなく、語学力もない場合は、出会いを目的として利用するのは、難しいでしょう。

その場合はあくまで、異文化を学ぶことを目的としておいた方が良いかもしれません。

相手国の言葉を喋れないより、喋れる方が圧倒的に有利なのは確かですからね。

まとめ

ワーキングホリデーで出会いを探すのもありですが、「本気で異文化を学びたい!」「外国語を勉強したい!」くらいの意識の高さがないと、辛いかもしれません。

たくさんのお金が必要ですし、ちょっと外人と付き合ってみたいくらいの考えでは、「理想と違った・・・」なんてことになる可能性は高いでしょう。

シンプルに、「外国人と付き合いたいな~」くらいの方は、マッチドットコムなどのネットで出会う方法を利用したほうが良いと思います。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?