ここ5年ほどでしょうか。日本でも、年中イベントとして定着してきたハロウィン。10月31日には、日本中で、世界中で壮大なパーティが催されます。

とはいえ、日本で行われているハロウィンイベントはもっぱら、欧米のそれの「見よう見まね」にすぎません。
もしあなたが、外国のどこかでハロウィンイベントに参加したり、外国人を巻き込んで日本でハロウィンイベントを催すなら、少し注意が必要です。

ハロウィンを上手く活かすなら、外国人女性と距離を縮める絶好のチャンス!

そこで今回は、ハロウィンについて知っておきたい7つの事柄を、ご紹介していきます。

1.ハロウィンの概要。

ハロウィンとは何であるかをざっくり説明すると、元々は、日本のお盆に該当する祭事です。

歴史は古く、2000年以上前の古代ケルト人の宗教的行事を起源に持ちます。秋の豊かな収穫を祈願し、亡くなった家族や友人を偲ぶものでしたが、今ではアメリカにおいてもパーティ行事としての色が濃く、宗教的な意味合いはほとんどなくなっています。

アメリカ以外の西洋国においては、熱の入っている国とそうでない国があり、また、キリスト文化でない国では大きな盛り上がりはみられません。

2.ハロウィン用語、意味はわかってる?

日本でもあちこちでハロウィンイベントを見かけるようになりましたが、しかしまだまだハロウィンに無関心・ノータッチな人も少なくないことでしょう。外国人女性とハロウィンで盛り上がりたいなら、少しはハロウィンのことを知っておきたいところ。

(1)ジャック・オー・ランタン

ジャック・オー・ランタンとは、ハロウィンの象徴とも言える、顔のあるカボチャのことです。仮装キャラクターの1つと思っている人が多いかもしれませんが、そうではありません。

ジャック・オー・ランタンは、「ランタン持ちの男」という意味で、鬼火のような存在です。

日本でいう火の玉ですね。それを、カボチャをくりぬいて似せて作ったものが、あの愛らしいジャック・オー・ランタンなのです。昔はカブをくりぬいて作っていたんだそうですよ。

(2)トリック・オア・トリート!

ハロウィン関連のグッズによく印字されていますね。これは、「お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ!」という意味です。

欧米のハロウィンイベントでは、仮装した子供たちが、この言葉を叫びながら近所の家の玄関を周ります。

訪問を受けた家の人たちは、子供たちに小さなお菓子の包みを配ります。子供たちはこのお菓子を集めてかわいい宴会を開くのですが、これが変形して、大人たちもハロウィンにごちそうパーティをするわけです。

3.ハロウィンはキリスト教の行事ではない!

日本ではよく、「キリスト教じゃない日本でハロウィンをやるのはおかしい!」という物議がかもされます。

これはすなわち、「ハロウィン=キリスト教にまつわる祭事」と考えているからなのですが、実はこれ、カンチガイなんです!ハロウィンはたしかに、キリスト教圏で盛んですが、しかし、キリスト教に関する祭りごとではありません。

カトリック教会では、11月1日を「諸聖人の日」と呼び、キリスト教にまつわる過去の偉人を敬ってきましたが、この「聖者の鎮魂」と「大衆死者の鎮魂」が混同されているのです。

とはいえ、カトリック教会が11月1日を「諸聖人の日」にしたのは、ケルト人のハロウィン祭事に乗ったもので、少なからず関連性はあるのですね。

しかし、「諸聖人の日」は過去の聖人を厳粛に弔う日。それに対してハロウィンは、「お菓子くれなきゃイタズラするぞー!」と駆けまわったり仮装をしながらはしゃぐものです。

そのため、キリスト教の宗派・教会の多くは、ハロウィンをキリスト教イベント扱いされることを嫌うものが多いです。

4.キリスト教徒の多い欧米人の前では、ハロウィンの解釈に注意が必要!

ここで、ややこしいことが起こります。
ハロウィンの本場であるアメリカ人は、日本人がハロウィンで盛大に盛り上がっているのをみて、「日本人も楽しんでくれてうれしいな」と好意的に思っている人が多いです。

しかし、カトリック派に属する西洋人の中には、「ハロウィンとキリスト教を一緒にしないで!」「ハロウィンなんてやらないで!」と怪訝に思っている人が少なくないのです。

そのため、「欧米人ならみんなハロウィンで盛り上がりたいのだろう」と短絡的に考えてしまうと、一部のヨーロッパ人の気分を害してしまう懸念があります。

ですから、たとえばあなたが、ヨーロッパ人のガールフレンドをハロウィンイベントに誘いたい場合は、まず最初に、「君は、ハロウィンについてどう思う?」と尋ねておいたほうが良いですね。

「楽しいわよね」「盛り上がりたいわ」といった答えが返ってくるなら思いきり盛り上がると良いですし、「私はあまり興味がないわ」といった答えが返ってくるなら、彼女とハロウィンパーティはしないほうが良いでしょう。

5.仮装の意味が2つ!?

「日本人はハロウィンの本来の趣旨を無視している」とよく揶揄されますが、実は欧米でも同じようなことが起きています。

元々、仮装する意味は、住宅街に出没する悪霊を怖がらせるためのものだったと言われていますが、今ではその悪霊に仮装する人たちばかりで、一体何が目的の仮装なのか、欧米人たちもよくわかっていないのです。

そもそも、「死者の鎮魂」という目的意識でハロウィンに参加している欧米人もほとんどいないので、お盆がどうとか鎮魂がどうとかいうことは、あまり気にしなくて良いようです。むしろ、「最も楽しそうな人が勝ち!」というような見解が、欧米人にもあります。

6.日本と外国でのハロウィンの違い。

同じようにお祭り騒ぎをしているように見えますが、よくよく見ると日本と外国とではハロウィンの内容に違いが見られます。外国人女性と一緒にパーティをするなら、外国のやり方を一通り知っておいたほうが良いですね。

(1)外国人は「お化けのコスプレ」。日本人は「なんでもアリのコスプレ」。

外国人におけるハロウィンのコスプレは、あくまで「お化けのコスプレ」が基本です。アニメや映画のキャラクターに扮することもありますが、あくまで「お化け」にちなんだキャラクターを選んでいます。

それに対して日本のハロウィンでは、ウォーリーがいたりセーラームーンがいたりと、「死者の鎮魂」はまったく無視で、なんでもアリな無法地帯です。

外国人の中には、ただのコスプレイベントと化したこの日本の仮装を、怪訝な目で見る人もいます。とはいえ、外国人にも死者とは無関係なコスプレをする人が増えてきています。

(2)外国人のお化け仮装は、リアルすぎて怖いことも!

日本の場合、お化けじみた仮装をする場合も、あくまでかわいらしいルックスに仕上げます。
しかし、外国のハロウィンコスプレイヤーは、口裂け女やゾンビをリアルに再現するなど、「怖い」「気味が悪い」と感じてしまうようなハードなものが少なくありません。

見ていて気分が悪くなってしまうこともあるでしょうから、注意が必要です。

(3)子供が参加するなら、お菓子は必須。

外国のハロウィンイベントでは、仮装をして盛り上がるだけでなく、「尋ねてきた子供たちにお菓子を配る」という催しも欠かせないものです。

そのため、あなたのハロウィンイベントにお子さんたちも巻き込むなら、ちょっとしたお菓子の包みをたくさん用意しておきましょう。

7.ノリよく参加し、親睦を深めよう。

ハロウィンイベントに対して、冷めた感覚を抱いている人も少なくないかもしれませんが、参加するならノリノリでいきましょう。
欧米人もみんな、ノリノリで参加しています。

外国人女性と仲良くなりたいなら、斜に構えて隅から眺めているのではなく、一緒になって盛り上がっているほうが好感を持たれます。

また、ハイテンションになっているときのほうが人は人に心を開きやすいので、初対面の交流にせよ、「知人→恋仲」への発展を求めている場合にせよ、ノリノリなほうが収穫は大きいでしょう。

8.ハロウィンで一緒に盛り上がる外国人女性を探すなら、マッチドットコム。

日本で一緒にハロウィンイベントを盛り上がる外国人女性を探したいなら、「マッチドットコム」がおススメです。

「マッチドットコム」は、外国人が大勢参加しているマッチングサイトで、日本にいながらにして、日本に住んでいる外国人女性と出会うことができます。

「マッチドットコム」は、日本ではあまり知名度が高くはありませんが、海外では世界一有名な出会い系サイト。会員数は1,500万人以上と業界最多で、ギネスブックにまで登録されており、結婚を見越した真剣な人も多数登録している、信頼度の高いサイトなのです。
このサイトでは、女性を検索する際に言語で絞ることもでき、日本語を話せる外国人女性だけを選り分けることも可能で、大変便利ですね
無料登録で様子見が出来るのも、「マッチドットコム」の大きな特徴の1つです。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?