外国人と出会えるアプリ

アプリ名 使いやすさ 費用 知名度 おすすめ度
マッチドットコム(match.com) 0円~
ペアーズ(Pairs) 0円~
omiai 0円~
with(ウィズ) 0円~
Luxy(ラグジィ) 月99ドル~
Tinder(ティンダー) 0円~
Bumble(バンブル) 980円~
Paktor(パクトル) 3800円~
Happn(ハップン) 240円~ ×
Skout(スコウト) 1200円~ ×
SweetRing(スイートリング) 4000円~ ×

マッチドットコム

ユーザーが1500万人以上いる大型の出会い・婚活系アプリです。

外国人と出会いやすいのは、断然マッチドットコムですね。

他のは特に外国人向けに設定されていないので、日本人だらけで結局外人を探すことさえできなかったなんてことになることもあります。

しかし、マッチドットコムは外国人でも使いやすいように構成されているので、外国人が多いのです。
日本に在住中の外国人を探すことが出来るのが、外国人好きの方にとっては嬉しいポイントですね。

日本在住の外国人は、日本の文化や日本人男性に興味のある方が多いので、他のアプリと比べると出会いやすさはかなり高いと思います。

また、真面目系だというのも1つのポイントですね。

⇒マッチドットコムの詳細

⇒マッチドットコム登録ページ

ペアーズ(pairs)

ペアーズはマッチドットコムと同じ会社が開発した700万人以上のユーザーが登録する出会い・婚活系アプリです。

マッチドットコムとの違いを言うとすれば、

マッチドットコム⇒真面目に外国人と出会い、お付き合いしたい人向け

ペアーズ⇒友達としての出会いやワンナイトラブも考慮した人向け

このようなかんじですね。

口コミを見ていても軽い男が多い気がしますね↓

⇒マッチドットコムとペアーズの違い

Facebookに10人以上友達がいないと登録することが出来ないという難点があります。
ただ、Facebookと連携されているので、Facebookで友達の人とはマッチされないメリットがあります。

マッチドットコムとペアーズを登録しておけば、先ず日本に在住中の外国人を探すことが出来ないってことはないでしょう。
登録自体は無料ですし、万が一マッチドットコムだけでは物足りなかった場合はペアーズも良いと思います。

⇒ペアーズ(Pairs)の詳細

⇒ペアーズ登録ページ

omiai

ユーザー数150万人以上の無料出会い系アプリです。

こちらもマッチドットコム、ペアーズ同様に外国人を探すことが出来る機能がついています。
そしてペアーズ同様、Facebookとの連携システムです。

マッチドットコム、ペアーズ、omiai。

この3つを登録しておけば、理想の外国人に出会える可能性、自分の地域で出会える可能性がグンっと上がるでしょう。

ただ、登録者数は数百万人と少ないですし、マッチドットコムとペアーズに比べると日本に住んでいる外国人の登録者数は少なくなると思います。

⇒omiaiの詳細

with(ウィズ)

withはあのメンタリストdaigoが手をかけている日本の出会い系アプリです。

カテゴリーから、自分の趣味や共通点に合っている異性を探すことが出来るので、日本にいる外国人も探すことは出来ないことはないです。
ただし、マッチドットコムやペアーズに比べるとはるかに少ないですし、手間がかかりますね。

⇒withの詳細

⇒withの登録ページ

Luxy(ラグジィ)

Luxy(ラグジィ)は、一ヶ月で約10000円程度、自動的にかかる外国人向け出会い系サイトです

高いだけあって、集まっているユーザーも高収入の方が多いので、セレブな外国人女性を探したい方には良いかもしれません。

しかも、外国のアプリなのでドルでの支払いになり、支払いが面倒です。
高級感を味わい方には向いてるかもですね。

Luxy(ラグジィ)の詳細

Luxy(ラグジィ)の登録ページ

Tinder(ティンダー)

Tinder(ティンダー)は、Facebookの機能と連携して位置情報を駆使し、自分のいる地域から近いところに住んでいる異性が表示されるようになっています。

マッチドットコムのように人種や地域を条件づけして人を探すことが出来ないので、外国人を探したい方には不向きのアプリです。
ただ、地域によれば、外国人しか表示されないなどといった偏りもあるため、何とも言えません。

なんにせよ、外国人と出会いたいならマッチドットコムやペアーズのほうが早いでしょう。

⇒Tinder(ティンダー)の詳細

⇒Tinder(ティンダー)の登録ページ

Bumble(バンブル)

バンブルは日本では全く知名度がありませんが、外国人が使っている外国のアプリなので、たくさん外国人がいます。

ただし、男性から送ることが出来ず、女性側から送ってこないと、メッセージのやり取りすらできないことが特徴的です
開発者も女性で、どちらかといえば女性に優しいアプリと言えるかもしれません。

⇒Bumble(バンブル)の詳細

⇒Bumble(バンブル)の登録ページ

Paktor(パクトル)

シンガポール発の出会い系アプリで、アジア系の方が良く使用しています。

なので、中国や韓国、台湾などの女性がタイプな方はこのアプリを使用してみると良いかもしれません。
もちろん、その国の言語を覚えないと会話できませんけどね。

また、外国のアプリなので日本語がちょっとカタコトで訳されているので分かりにくい部分があります。
さらに、Facebookで50人以上友達がいないと使えないので、面倒かもしれません。

Happn(ハップン)

ハップンは、フランス発のアプリです。
ヨーロッパ系の女性がタイプの方なら使ってみても良いかもしれませんね。

どこかで異性ユーザーとすれ違ったときに通知されるという機能つきです。

ただ、元はフランスでしか使用されていないアプリということもあり、日本ではまだまだ使っているユーザーが少ないのが欠点ですね。

Skout(スコウト)

スコウトはアメリカ発のアプリなので、日本人がほとんどおらず、登録者は外国人ばかりです。

また、

・年齢制限がない
・FacebookやTwitterが合体したようなシステム

となっているのが他のアプリと違う点です。
外国では割かし流行っていますが、これも日本ではあまり使われていませんね。

もちろん、あちらが日本語を使える可能性は低いですし、こっちが英語や相手の国の言語を知らないとメッセージのやり取りすらままならないでしょう。

SweetRing(スイートリング)

SweetRingは、台湾発の出会い系アプリです。
なので、アジア系の女性が多いですね。

ただ、月額4000円支払わなければなりません。

支払わなければならない分、サクラの数も少なくなるような気はしますけどね。
さらに、一度退会すると、二度と登録することが出来ないなどの特徴があります。

オススメは2つ

オススメできるのは、マッチドットコムとペアーズですね。

マッチドットコムとペアーズは、日本在住の外国人を探すことが出来る機能が付いていますし、外国人の登録者も比較的に多いので、良いと思います。

もっというと、マッチドットコムの方が良いかもしれません。
何故なら、身バレしづらいからですね。ペアーズはFacebookと連携していて、友達は表示されない仕組みですが、友達ではない人には普通にバレます。

マッチドットコムは、Facebookと連携していないので、ペアーズのようにFacebookで10人友達を作らなければ登録できないなんていう条件もありませんし、身バレもしにくいので自由が利きます。

また、omiaiという日本のアプリでも「こだわり条件」という機能で日本在住の外国人を探すことが出来ますが、登録者の数が少ない印象ですね。

 

その反面、マッチドットコムやペアーズでは普通に100人以上表示されます。

多いだけあって、同性愛者っぽいのも表示されました。

ということで、マッチドットコムとペアーズだけで十分探せると思いますよ。

外国のアプリの欠点

外国発の出会い系アプリは、登録者はもちろん外国人ばかりですが、

・日本人を求めていない人が多い
・日本在住の外国人があまりいない
・外国人向けに作られているので扱いづらい
・日本語ではメッセージのやり取りすら不可

これらの欠点があります。

外国語をペラペラ話せるなら別ですが、挨拶程度しか分からないならキツイかもしれません。

 

マッチドットコムのアプリをインストールする方法

アプリをインストールする方法は簡単です。

スマホを開き、iPhoneならApp store、androidならgoogle playを開き、「マッチドットコム」と検索をします。

 

 

2.パスワードを入力すれば、インストール完了です。

 

 

これで完了です。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?