今回は、オーストラリアの白人女性と交際している日本人男性の白人女性と出会った体験談をお伝えします。

詳細↓

きっかけはユニバ

当初、お互いにユニバーサルスタジオジャパンで働いていた時に、オーストラリアの白人女性であるハンナさんを一目見て「可愛いな」「オーラが違うな」と思い、とっさにFacebookで「ハンナさんが今まで会った女性の中で一番綺麗でした」と、メッセージを送ったそうです。

ハンナさんは当時、色んな人からメッセージが来ていたけど、それはUSJのキャラクターのファンとしてのメッセージが多く、ハンナさん個人に対してのメッセージはなかなか無かったそうです。

なので、よっしーさんからメッセージをもらった時はファンと思っていたけど、Facebookを確認すると共通の友達がいることが分かったのでメッセージを返したそうです。

友達の後押しで良い印象を与えた

その時点での印象は普通だったものの、ハンナさんの友達が「彼はすごいダンサーだから会った方がいいよ。」とゴリ推しだったので、会うことにしたとのこと。

そこから、彼女もアクロバットの練習をしていることを機に、「一緒にダンスを練習しよう。」とアプローチをかけていき、会話の数を増やし、徐々に仲良くなっていったそうです。

その後、バイクの後ろに乗せて買い物に行ったりと言うようなことをしているうちに、どんどんお互いの距離が縮まり、カップルがするようなお出掛けをするようになり、気づけば二人でいろんな国に旅をしに行くまでになっていたみたいです。

真面目だということが重要なポイントになった

オーストラリアの白人女性であるハンナさん曰く、よっしーさんは「物事に真剣に取り組む真面目な人」に見えたことが、付き合った理由の1つにだったそうです。

よっしーさんがアクロバットでぐるぐる回っているのを見たときに、「この人は本物だ。」「ここまで何かしらの物事に長けてるということは、それだけの努力が出来る人なんだ。」と捉えらみたいですね。

このような真面目さは、ただ単に背が高かったり、筋肉質ということよりも、付き合うための大切なポイントだったようです。

一緒に居て苦しくなかった

最初はあまり英語ができなかったけど、性格に共通点が多かったことから、話も弾み、一緒に居て苦しく思ったことはなかったそうです。

よっしーさんは元々、いろんな国に行っているので欧米のカルチャーを理解していたので、その点も今まで付き合ってこれた理由の1つになっているそうです。

それでも、何度も喧嘩してきたみたいですけどね。

欧米人女性と国際結婚すると喧嘩になりやすいこと!

また、よっしーさんは英語を話すこともできることから、自分から率先して話しやすかったようです。

まとめ

今回の体験のように、外国人女性が働くような場所で出会いを探してみるのもありですね。

そして、日本人特有の何かに取り組むときの真面目さは、外国人女性にとっても、好印象みたいです。

とはいっても、「今の仕事をやめることができない。」「時間がない。」という人は、出会いアプリで探してみることをお勧めします。

特にマッチドットコムは、外国人向けに作られているので、日本に住んでいる外国人女性を探すことができます。
外国人女性が働いているところで仕事をしてみたいが、状況的にそんなわけにはいかないって人には、マッチドットコムはお手軽で良いと思います。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?