男性は女性がどんな男性を好きなのかは気になりますが、「どんな男性は嫌いか」に目を向ける機会はなかなかありません。

今回は各国でインタビューを行って、嫌われている男性、サイテー男をまとめてみました。

日本のサイテー男

 

まずは日本から

・セクハラ男
・お金を取る男
・怒りの沸点が分からない男
・嘘つき男
・浮気男

様々な意見がありましたが、サイテー男との意見が多かったは浮気をする男性でした。

他の意見としては、共有の口座からお金を引き出して持ち逃げした元カレ、いきなり怒り出す男性、学歴から職業まで全て嘘をついていた男性などがあげられました。

イタリアのサイテー男

 

イタリアでも多くの女性が浮気男はサイテーだと考えています。

イタリアと言えば、女好きのプレイボーイが多いようなイメージがありますが、実際イメージ通りらしいです。

人助けのフリをして女性をナンパしたり、デートの待ち合わせ中に他の女性を口説いていたり。

過去には当時75歳だった現職の首相が18歳モデル女性と不倫をして辞職する事件までありました。

ある調査ではイタリア夫の浮気率は55%で、二人に一人が浮気しているというデータもあります。

 

しかしそれを上回るサイテー男がイタリアには存在していました。

それは、「マンモーネ(mammone)」

それはマンモーネと呼ばれるマザコン男、マンモーネとは大人になってもママが大好きな男です。

具体例を挙げると

・ママと恋人を比較、ママのラザニアの方が美味しいなどと恋人に伝えてしまう。
・洋服を買いに行ったときにその場でママに電話してアドバイスを求める。

イタリアでは30歳以上の3分の1以上が両親と同居しています。
実際にマザコンのイタリア人男性に話を聞いてみると、

・人生経験が長いので彼女よりママの方が頼りになる
・イタリア人男性は全ての女性を尊敬していて、それにママも含まれるだけ

イタリア語のマンマミーア、英語でオーマゴットと言葉がある通り、ママはとても偉大な存在などと母親はイタリア人男性にとってとても大きく重要な存在のようです。

インドのサイテー男

 

世界の中でも女性の社会進出率が低く、多くの女性は結婚するまで実家暮らしの人が多いです。結婚後は夫の家に入ります。

そんなインドのサイテー男は?

それは、「束縛男」

・スカートをはくだけで、はしたないと言われる
・女友達と居ると伝えても、確認のためにテレビ電話
・帰ったら携帯チェック
・女友達と遊ぶときも、トイレまでにもどこにでも着いてくる

理由はインド人男性は恋愛に慣れていないからであると言われています。


最近は恋愛する若者も増えてきたものの、ヒンドゥー教の多いインドでは婚前の恋愛はタブーで現在でも八割はお見合い婚、なので男性は妻が本当に自分のことを愛しているのか不安なのであるそうです。

そんなインド人男性の意見として

・束縛は愛情表現、好きだからこそ彼女を守るために束縛する
・携帯をチェックするのは普通、何故ならそれが普通だから

などがあげられました。ちなみに男性に限らず女性も束縛が激しいようです。

アメリカのサイテー男

アメリカでは女性の社会進出率が高く、女性の七割が社会進出しています。
ワシントンでインタビューしてみました。アメリカのサイテー男は

・レディーファーストが出来ない男
・浮気する男

の二つの意見が多かったです。

また日本では考えられないような意見も。

それは、「ダンスが下手な男」

何故なら、アメリカでは結婚式や高校の卒業式など人生の節目に男女でカップルでダンスを文化があり踊れない男は女性をリード出来ないと思われます。

ダンススクールには、ダンスが上手くなって彼女を手に入れるために通う人も居るほどです。

独身の男女がカップルになるために集まるシングルズパーティーと呼ばれるパーティーがワシントンで流行っていますが、ダンスが下手というだけでふられることもあります。

まとめ

国問わずに浮気男はサイテーだと女性は思っていることがわかりましたが、他の要因として国によって様々な意見がありました。

イタリア:マザコン
インド:束縛
アメリカ:ダンス下手

一般的な日本人男性ではマザコンは少数派だとは思いますが、ダンス出来ない人が大多数なのではないでしょうか?またイタリアでは嫌われるマザコンですが、国によってはそれがとても良いことだったりします。

海外の女性とお付き合いしたい、する場合は相手の文化を理解して歩み寄ることも大切になってくるでしょう。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?