過去には世界で嫌われる男性、サイテー男を特集しましたが今回は女性からの人気が高い男性、モテる男を特集しました。

「世界くらべてみたら」で分かった各国のサイテー男とは!?

日本では今、女性に積極的にアプローチをかける肉食系、女性に対して消極的な草食系、その中間の雑食系、寂しがり屋で自由気ままなウサギ系男子などOO系男子がどんどん細分化していっていますがそんな中、今一番多かった意見は犬系男子、犬系男子とは社交的で人懐っこく甘え上手な男子です。

ジャマイカ

ジャマイカと言えばレゲエ音楽発祥の地で、開放的な男女が多く、恋愛に積極的です。

そんなジャマイカでモテる男性と言えばズバリ家事ができる男性!さらに詳しく話を聞いていくと家事をすれば働かなくてもいいと意見がとても多かったです。

要するにヒモ男というわけです。日本ではあまり一般的ではありませんがジャマイカでは仕事をしておらず女性から支援されて生活している男性も多いようです。

それもそのはず、大学教育まで終えている人数は男性に比べ女性の方が二倍以上多く、また管理職の割合も女性の方が多く、その割合は世界一です。

実際街中では恋人からお金をもらってプラプラしている男性も見受けられます。

日本では信じられないようなことですが、実際ヒモの男性達はどのようにヒモ生活を送っているのでしょうか。
ヒモを極めたと自ら語るジャマイカ人男性ネイマールに学んでみましょう。

1.支払い時はトイレに!

ネイマールは彼女とのレストランデートにて会計のタイミングでトイレに行き、その間に彼女はお会計を済ませます。

ネイマール曰く、いくらヒモでも会計を女性に尋ねるのは失礼とのこと。

2.家事は完璧に!

デート後は彼女の家に帰宅した後はネイマールは洗濯、掃除からマッサージまで行います。

ネイマール曰く、彼女が働いてお金を稼いできてくれるのでその代わりに彼女のシェフにもハウスキーパーにもボディーガードにも、何でもやるとのこと。

しかし実はこのネイマールさん。その彼女とは別に本命の彼女とその間に二人の子供も居ます。実は彼女は15人!

どうやらヒモとして多数の彼女からお金を貰って本命の彼女と子供を養っているそうです。また本命もそれを知っていて、ネイマールが他の彼女から貰うお金を当てにしています。

ノルウェー

ノルウェーでも、料理や家事ができる人は人気です。またそれに合わせて、ノルウェーでは仕事も子育てもしっかりすることが大事です。

ノルウェーでも日本と比べて女性の就業率は高いため共働きが多いです。そのため5歳までの子供の9割が保育園通いです。

・ダディクウォーター

ノルウェーにはダディクウォーターと呼ばれる男性限定の育児休暇制度があり、最大15週間の育休が取得可能です。

男性も育児に参加できるように社会制度が整えられています。

他にはノルウェーでは外見的な要因もモテるために必要な要因としてあげられました。その二つがこちらです。

・マッチョ
・小麦色の肌

ノルウェーでは健康的であることが重要でマッチョで小麦肌であると健康的に見えます。年間の日照時間が少なく、日焼けしていることがステータスになります。

男女問わず公園には肌を焼くために日光浴している人、また日焼けサロンがたくさんあります。日焼けサロンはバカンスのために肌を慣らすためでもあります。

ノルウェーでモテるために重要なものは仕事、家事、小麦色の肌、マッチョの4つになります。

家事も、仕事も、見た目も求めらるノルウェー人男性、モテるためには大変な努力が必要です。

一見とても忙しそうですね。中にはベビーカーを押しながらランニングする人も居ます。ランニング用の車輪が大きめに作られたベビーカーなので、赤ちゃんも快適です。

フィリピン

フィリピンでは愛を積極的に伝えることがとても重要で外見よりも愛のアピールをすることが大切です。
また、リーガウ、ハラナと呼ばれるフィリピン独特の男女交際における文化があります。

・リーガウ

リーガウとは交際準備期間のことであり、交際する前に女性が男性を見定めします。

一般的には2,3か月間ですがなかには数年に及ぶ場合もあります。

・ハラナ

ハラナとはフィリピンで500年前から歌で愛を伝える伝統の求愛法です。

女性の家の前でギターで弾き語りしたり、デート中でも様々な場所で歌を送ります。

・告白

告白はオリジナルラブソングを作って行います。

日本だと一見やりすぎのようにみえますがフィリピンでは至って普通の告白法です。

ただそこまで尽くしても、交際に至らずリーガウを続けることもあります。
フィリピンはキリスト教の影響が強いので、付き合う男性は一人だけ、初彼氏と結婚したいという人も多く、そのため交際にも慎重なのかもしれません。

以上日本含め四か国のモテる男性を特集しました。他にも国によってモテる条件は様々です。例えばメキシコではケツアゴがイケメンに見られます。

メキシコ以外にも、イランでもケツアゴの人はモテます。また南アフリカでは太っている人がモテます。太っていることが金持ちの証になるからです。

まとめ

行動、外見のどちらにおいても各国のモテる男性像には同じところもあればまた大きな違いもあることがわかりました。

また行動、外見のどちらの要因もその国の文化、社会に大きく左右されていることがわかります。海外の女性とお付き合いをするときは、モテる要因を含め文化を理解し歩みよっていくことが大切になるでしょう。

外国人と出会えるサイト マッチドットコム


マッチドットコムは外国人と出会うのであればぜひ利用してほしい、出会い系サイトです。

日本人とは違った恋愛をしてみたいあなたにオススメ 刺激的な恋愛ができることを願っています


match-com

なぜ外国人と出会うのならマッチドットコムが良いのか?